VMware Workspace ONE(Air Watch)導入支援サービス

ID管理・モビリティ管理を提供している、Workspace ONEの導入をサポートするサービスです。

お問い合わせ
お問い合わせ

セキュリティと利便性を両立したワークスタイル変革

VMware Workspace ONEは、「VMware Identity Manager」によるID管理と「VMware AirWatch」によるモビリティ管理を統合し、場所、時間、デバイスを選ばず、必要なアプリケーションやデータにスムーズかつセキュアにアクセスできるソリューションです。ユーザー毎に最適化されたワークスペースポータルから、Office365やSalesforce等の様々なクラウドやイントラのサービスにシングルサインオンすることが可能となります。また、管理面ではユーザーアカウントやデバイスに対してきめ細かなポリシーを適用し、自在に制御することが可能となります。テクバンは、最適なライセンス選定から導入後のサポート、必要なカスタマイズや各種サービスとの連携など、お客様のWorkSpace ONE 導入をトータルでご支援します。

こんなお悩みありませんか

そのお悩み私たちが解決します!

Workspace ONEは、コンシューマー製品のプレーンな操作と企業で必要とされる頑丈なセキュリティを両立させます。Workspace ONEを導入することで、ユーザーは社内/社外を問わずあらゆる場所から、パーソナライズされた企業用のさまざまなアプリケーションを、シングルサインオンで利用可能になります。管理者はID管理に加え、アプリケーションやデバイスに対してさまざまなポリシーを策定できるため、データ流失のリスクを削減しつつ、モバイルデバイス利用による生産性の向上が可能です。万が一紛失した際には、ワイプ機能により企業データをデバイスから削除することが可能です。

Workspace ONE の特徴1
~ シングル・サインオン ~

Workspace ONEでは VMware Identity Manager の技術と、AirWatchによるデバイス管理が結びつき、Webアプリもネイティブアプリも、ユーザーが唯一管理するWorkspace ONEの認証情報のみで利用できることになります。シングルサインオンを実現することにより、パスワードの使い回し・紛失による情報漏洩のリスク軽減のみならず、ユーザーの利便性の向上にも結びつきます。

Workspace ONE の特徴2
~ デバイス管理・アクセス制御 ~

AirWatchによるEMM機能により、アプリケーションへのアクセスを制御することが可能となります。また、アプリケーション間のデータ連携の制御を行うことも可能です。AirWatchと Identity Manager の組み合わせを有効利用することにより、セキュリティリスク対策も万全となります。

Workspace ONE
(AirWatch + Identity Manager)
機能概要

MDM

  • デバイスの状況をリアルタイムで把握
  • 各種レポートの作成が可能
  • セキュリティポリシーをデバイスに適用
  • デバイスを遠隔でロック・ワイプ
    MDMだけではデバイスを有効活用できていないケースが多い

MAM

  • 必要なアプリをカタログ化して配布
  • リスキーなアプリの使用を制限
  • アプリのライフサイクルを管理
  • ユーザー認証などセキュリティが充実
    デバイスで利用するアプリケーションを制御することが可能

MCM

  • コンテンツの利用権限を細かく制御
  • 高度な情報漏えい対策が可能
  • 暗号化でコンテンツを保存/ 配信
  • 社内外関係者との連携が可能
    デバイスで利用する企業内/企業外コンテンツを制御することが可能

MEM

  • 既存のEメールインフラと連携可能
  • 使いやすい専用メールソフトを提供
  • 企業データと個人データを完全に分離
  • 情報漏えい防止機能が充実
    デバイスで利用する企業メールを制御することが可能

ID管理

  • フェデレーションを利用し、SSOが可能
  • 多要素認証が可能
  • Active Directoryとの同期が可能
  • 状況に応じたアクセス制御が可能
    SSOやコンディショナルアクセスにより利便性とセキュリティの両立が可能

VDI

  • Horizon基盤との連携が可能
  • Horizon Cloudとの連携が可能
  • ThinAppアプリの利用が可能
  • RDSH、XenApp公開アプリ利用が可能
    Workspace ONEに連携することで、VDIへのSSOにも対応可能

Windows10にも有効活用

Windows10はモバイルデバイスに対応したWindowsとして進化しています。デバイスの外部利用を考えた場合、従来の管理ツールのみでは不足するケースも容易に考えられます。Workspace ONEでは、モバイルデバイスとしてWindows10を管理する事が可能です。

導入事例

某都内区役所様
外出先からオフィス内VDI環境へのセキュアなアクセス環境を構築し
VDI環境へのシングルサインオンを実現いたしました。

お問合わせからご導入までの流れ

Workspace ONE
ライセンス体系

Essential

シングルサインオン

Standard

シングルサインオン
ThinApp

Advanced

AirWatchバンドル
シングルサインオン
ThinApp

Enterprise

AirWatchバンドル
シングルサインオン
ThinApp
Horizon7

  • 記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせはこちら

関連ソリューション&サービス