Classi株式会社 様

ソフトウェアテストサービス導入事例

お客様が展開するサービスのソフトウェアテストをご支援しました。

Classi株式会社は、授業や面談、学校と保護者のコミュニケーションなど、学校現場の多様なシーンで活用される教育プラットフォーム「Classi」を開発・運営されている企業様です。生徒一人ひとりに最適な学習コンテンツをレコメンド(推奨)するアダプティブラーニング、コミュニケーション、パートナー企業の多彩な教育アプリケーションを配信するプラットフォームなどを提供されています。同社は、「子供の無限の可能性を解き放ち、学びの形を進化させる」をミッションに、教育現場の発展に貢献されています。

導入までの背景およびご要望

導入までの経緯を教えてください

今までは製品メンバーが開発もテストも実施していましたが、製品メンバーが企画、開発、テストといった全ての開発工程を実施していたため、負担が大きく、また開発スピードに影響することが課題でした。この課題を解決するために、テクバンのソフトウェアテストサービスの採択を検討しました。
テスト設計、テスト実施のスキルを保持するエンジニアリソースをチームでアサインできることに加え、ソフトウェア品質に関わるエンジニア教育体制が整備されていること、オフサイト、ニアショアなどの体制を提案できることが条件でした。

選定のポイント

テクバンを選んだ理由を教えてください

ソフトウェアテストサービスを採択するにあたり、サービスベンダーにおける当事者意識が最重要視したポイントです。また、サービス仕様の把握とテスト実行体制づくり、効率的な検証環境の整備などについての提案および初期稼働も重視しました。
テクバンとは以前からやりとりがあり、提案力や初期稼働を評価していました。その実績から信頼と当社課題への理解を感じられ、協力して課題解決に臨めると考えました。

導入効果

導入の効果を教えてください

開発工程における適材適所な体制が実現できたことで、今までに比べ負担が減り、開発チームはよりクリエイティブな作業に集中できるようになり、開発スピードも向上しました。
課題発生時には、すぐにテクバン営業担当に相談し、解決に向けて迅速に対応していただきました。また、様々な課題に対して融通が利き、真摯に対応してもらえました。開発メンバーとのコミュニケーションも好評で、今後も長期的に支援いただきたいです。

今後の展望

今後の展望についてお聞かせください

テクバンには、より一層の検証精度の向上に向けた取り組みに協力していただきたいです。今後はアジャイルテストを検討しているため、導入にあたりテクバンにはテストの自動化など、より多岐にわたったサービスを提案・提供していただきたいです。
また、ナレッジの中でも俗人化している部分を平準化し、各技術者の対応可能領域の拡大を図ると共に、システムの品質の根本的な改善に長期的に共に取り組んでいけることを期待しております。

(左から)Classi 佐々木氏、テクバン 土井、町田

弊社担当者より一言

Classi様は、ユーザーのニーズにタイムリーにお応えするため、 開発完了から市場への展開までをスピーディに行いたいと考えられており、限られた時間内で有効なテストを実施したいという思いをお持ちでした。
そこで、テクバンは検証工程を担当するQAチームとして参画させていただき、既存機能の改修や新規機能のリリース前後のテストを効率よく進めるためのご支援をさせていただきました。
現在は、1日に3件前後のリリースに対応し、限られた期間内に多くの品質検査業務を行っております。
Classi様とは、よく相談をしながら試行錯誤を繰り返し、期待に応えられるよう努力してまいりました。
今後は、QAメンバーが開発チームの上流工程にも参画することで更なるスピードアップと品質の向上に取り組んで参りたいと思います。

(写真左から)テクバン株式会社 小林、土井、小暮

  • 記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本事例中に記載の情報は、掲載当時のものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があることをあらかじめご了承ください。

お問い合わせはこちら

お客様プロフィール

会社名
Classi株式会社 (英文社名:Classi Corp.)
設立
2014年4月4日
代表者
代表取締役社長 山﨑 昌樹
従業員数
137名(2020年11月現在)
事業内容
教育プラットフォームの開発・運営
URL
https://corp.classi.jp/