Active!gate SS

Active! gate SS(アクティブゲートエスエス)は、7つのアプローチでメール経由の情報漏えい対策をサポートします。

お問い合わせ
お問い合わせ

Active!gate SSとは

メールや添付ファイル経由の情報漏えい対策は、どの企業にとっても取り組むべき必須の課題だといえます。 Active! gate SSは、7つの誤送信防止機能をメールソフトやサーバーなどの環境に依存しないクラウドシステムで実現し、 企業のメールセキュリティを飛躍的に向上させます。

3つの特長で導入を容易に

機能を選べる

ご利用シーンにあわせた6つのプランから選んでご利用いただけます。

すぐに使える

オンラインですぐにお申し込みが可能!少人数でもご利用いただけます。

高品質・低価格

クラウド型のため、豊富な機能をコストを抑えてご利用いただけます。

Office 365との連携で
クラウドメールのセキュリティを強化

企業のメールシステムをGmailやOffice 365などに移行する流れは加速していますが、クラウドメールの標準機能だけでは企業のセキュリティニーズを十分に満たすことができません。 Active! gate SSは、環境に依存しない柔軟なシステムでクラウドメールの安全な運用を実現します。当社は、Office365環境へActive! gate SSを導入した実績が多数ございますので、Office365連携についてのご相談は、何でもお気軽にお問い合わせください。

誤送信防止のための7つのアプローチ

添付ファイルの暗号化

メール送信時に添付ファイルをパスワード付のファイルに自動変換します。

BCC強制変換

ToやCCに一定個数以上のアドレスがある場合、BCCに自動変換します。

時間差配信

社内と社外とで時間差配信することで、社外にメールが届く前に、ミスに気づくことが可能です。

送信メールの一時保留

設定した条件によって送信メールを一定時間隔離・保留し「うっかりミス」を防止します。

添付ファイルのWebダウンロード

添付ファイルをメール本文と分離し、パスワードを利用して別途ダウンロードします。

送信拒否

条件によりメール送信自体を拒否します。また、拒否通知をするバウンスメールの送信が可能です。

上司承認

メール送信者の上司が承認をしない限り、メールの送信がされません。上司がメール内容を精査した上で社外に送信されます。

  • 記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせはこちら