Amazon Web Services導入支援サービス

Amazon Web Services導入支援サービス

Amazon Web Services によるクラウド環境を構築し、社外からのリモートアクセス、システムのバックアップ等、様々な課題に対応します。

仮想デスクトップによるリモートオフィス環境導入

クラウド上に仮想デスクトップ環境を構築し、重要なデータ等は仮想デスクトップからのみ参照します。社外で使用するPC上からは仮想デスクトップにアクセスを行い、大事なデータは全て仮想デスクトップ上でのみ保存します。
PCを無くした場合でも重要なデータは仮想デスクトップ上にのみ保存される為、情報漏えいの心配もありません。

仮想デスクトップ環境へのアクセスについても、複数の多重のアクセスコントロールをかける事により、セキュリティにも配慮しております。少数アカウントより作成する事ができ、本格的な仮想デスクトップ環境を社内に構築するよりも、安価に構成する事が可能です。

社内環境のクラウド移行

AWSのクラウド移行

社内にサーバを準備し、データを保存している環境下では数年に一度、装置の交換やシステムの見直しが必要となります。装置の交換やシステムの再構築にはライセンスの再購入や機器の再手配、装置の保守等、新たなコストが発生します。クラウド環境上にデータを移行した場合は、装置の手配や保守、OSのライセンス等を気にせずにご利用いただける為、これらにかかるコストを削減する事が可能です。

いざという時には、社内データのバックアップをクラウド上に保存しておく事で、全データ損失による事業継続が困難な状況を回避する事ができます。また、上述の仮想デスクトップ環境を準備しておく事で、出社困難な状況でも自宅や遠隔地からアクセスして事業を継続する事が可能です。

ECサイト利用時のメリット

AWSのメリット

ECサイトの負荷によって大きく性能不良が起きるWebサーバなどを「負荷」や「時間」によって自動スケールイン、自動スケールアウトすることを可能とします。
サーバが障害停止した場合も、稼働中のサーバを元に、スケールアウトすることが可能です。

※記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。

サービスのPDFファイルをご希望の方はこちらにメールアドレスを入力の上送信ボタンをクリックしてください。

Eloquaブログ
   
        
    
ページトップ