FOR CAREER FOR
CAREER

中途採用情報

社員インタビュー

募集職種

MORE

ABOUT TECHVAN ABOUT
TECHVAN

〜私たちの存在意義〜先駆者が生まれる場所

会社を知る

MORE

NEWS

新着情報

ニュース

Q & A

よくあるご質問

ご質問一覧

SITEMAP

サイトマップ

テクバン採用サイト

RECRUIT

障がい者採用

募集要項

FOR NEW GRADS FOR
NEW GRADS

新卒採用情報

社員インタビュー

MORE
SCROLL SCROLL SCROLL

INTERVIEW

切磋琢磨できる
仲間に出会えた

H.M
QAエンジニア

2019年中途入社
品質ソリューション事業部
品質ソリューション部

2015年よりIT業界にて就業。前職では開発の現場でテスト工程を担当していたが、テストを事業とする会社で活躍したいと思い転職。入社後は、テストの実行担当者をしつつ、同じプロジェクトの社内チームのリーダーを務める。今後PLとしての活躍を目指し、某大手IT企業のQAを務める。

A.S
QAエンジニア

2019年中途入社
品質ソリューション事業部
品質ソリューション部

2010年よりIT業界にて就業。お客様先に常駐し、検証メンバーの一人として1人1案件を担当。具体的には、PLとして要件定義書、設計書をもとにテスト設計書を作り、ベトナムのテスト実行部隊への指示、その進捗、結果報告を行っている。自身でもテスト実行やテスト自動化コードの実装、改修を行うこともある。

D.W
QAエンジニア

2019年中途入社
品質ソリューション事業部
品質ソリューション部 主任

QAとしての経験は6年。現在は、自身でもテスト設計・実行を担当しながら、PLとして業務進捗、チームメンバー管理を行い、多いときは1日8案件程度同時に掛け持つこともある。功績が認められて入社半年で主任に昇格。ヨガインストラクターの資格を持ち、テクバンのヨガ部部長も務める。

「それ、やってみようよ!」今までにない面接と希望が叶う環境

H.M:前職では開発がメインの会社にいたので、テスト専門のエンジニアはいませんでした。テストを専門とするキャリアを積んでいきたいと思って転職先を探していたときに見つけたのがテクバンです。


D.W:私は、一度IT業界から離れ、ヨガのインストラクターをしていましたが、以前の経験、資格を活かしてステップアップしたいと思い、テストの部署がある企業に転職をしようと思いました。


A.S:僕は、テスト実行と設計をメイン業務とする会社にいました。もっと上のテストリーダーやマネージャーに挑戦したいと思いましたが、周りを見てもそこでは叶わないと感じ、転職を決めました。


テクバンの面接は今まで経験したことのない面接でしたね!面接官は現在の部長代理ですが、これでもかというくらいテクバンの品質ソリューション部門について説明してくれました。会えばわかると思いますが、良い意味で緊張が解れて、一緒に仕事をしたら楽しいだろうなと思いました。


H.M:確かに、私も一番印象に残る面接でしたね!


D.W:面接時にやりたいことを話した時、面接官がすぐに「それ、やってみようよ!」と言ってくれました。他の会社の面接も受けましたが、「それをやるには…」というステップや大変さのような話をされることが多く、すぐに「やってみようよ!」と言ってくれた会社は他にありませんでした。自身のやりたいことを叶える為の大変さは分かっているつもりだったので、大変だけどチャンスやきっかけを与えてくれて、成長できそうだと思いました。


A.S:実際、的確にそれぞれに仕事を任せてくれるので、頑張ろうと思えます。


H.M:私たちの面接官は、今年から部の責任者となっているので立場としては、遠くに行ってしまったと感じがちですが、今もよく直接声を掛けてくれます。迷っているときなどにも、きっかけをくださいます。


D.W:信頼されているのが伝わってきますね。業務も希望どおり、いきなりプロジェクトを回すところからやらせてもらえていますし、キャリアアップしたい!という想いで半年頑張ったところ、すぐに主任に昇格させてもらえました。もちろんそれなりの結果を残す必要がありますが、チャンスを自分でつかみに行こうと思えば叶う環境ですね!

業務以外の活動で自分の幅が広がる

A.S:メインのテスト業務以外に社外活動にも参加しています。昨年テクバンは、IT産業検証協会(以下、IVIA)に加入しました。IVIAは、テスト業界の認知度向上を目指し、情報発信や技術者育成をしている団体です。正直、長くテスト業界にいるのにそれまで団体自体を知りませんでした。


IVIAの中には色々な委員会があり、加入している企業の社員が委員として活動に参加できます。僕は、その中の人材創生委員会と広報委員会に参加しています。その二つの委員会は定例での合同ミーティングのほかに、学校や自治体向けのIT検証講座を開催しています。実際に専門学校で講座を行った際に、講師補助として参加しました。こういった活動に参加するようになり、自分が知らなかった世界を経験できるようになりましたね。


H.M:私も広報委員会と技術委員会に参加しています。技術委員会は、AIやIoT、自動化など最新技術の検証技術力の向上、技術の標準化を目的にしている委員会です。私も団体自体知りませんでしたが、部内で任意でやりたい人を募集していて、自分の参加したい委員会を希望しました。


自分が参加した委員会で得た情報は部内で共有しています。他の委員会に参加しているメンバーからも展開があるので、勉強になります。


D.W:業務に関すること以外にも、ヨガのインストラクター経験を活かして、ヨガ部を作りたいと思っていたら、すぐに立ち上げることができました。2020年からテクバン公式の部活動として活動していますが、現在11名のメンバーがいます。同じ部署のメンバーもいますが、月1の社内メルマガで募集したところ他の部署の方からもたくさん応募がありました。初心者が多いので、マットが借りられ、メンバーの通いやすい場所にあるスタジオを月に1回借りて、実施しています。毎回、メンバーの身体の不調や、改善したい症状を聞き、それを題材にしてしっかりプログラムを組んでいます。お金をとれるくらいちゃんとやっていますよ!笑


ヨガはインストラクターの雰囲気でクラスの雰囲気が変わるのですが、みんなと一緒にヨガができるのがとても嬉しいので、それが伝わるのか、毎回とても良い雰囲気です。IT業界は腰痛や肩こりに悩まされる方も多いので、息抜きはもちろんですが普段の業務に還元できるという意味でもヨガを広めたいですね。きっかけになったらいいなと思います。


H.M:他にも私たちの部では資格取得率100%を目指しています。私も先日JSTQBというソフトウェアテスト技術者資格認定団体の実施する認定試験を受けました。部で業務時間後に資格の勉強会も開催しているので、そこに参加して取得を目指すメンバーも多いです。


A.S:僕もテクバンに入ってから資格を取りました。部として資格取得を応援してくれるので、すごくやる気になりますね。取得した後の達成感も気持ちよいです。

仲間、親友と出会えた

D.W:このメンバーは、入社時期、年齢が近いこともあり、すぐに意気投合しました。結構出会ってすぐのお休みに浅草に行きましたね!ランチ、散策してスカイツリーまで歩いたり、花屋敷で絶叫マシーンに乗ったりしました。


A.S:謎解きゲームもやったね。途中で解散かと思ったけど、そのあと本場のもんじゃとお好み焼きを食べて1日コースだった。笑


H.M:仕事の後に集まって飲みに行ったり、イベントに参加したりもします。些細なことも楽しくて、この人たちとずっと仲良しでいようと思いました。


D.W:遊んでいるとき楽しいのはもちろんですが、ちょっと仕事で困っている時、悩んでいるときは、LINEで相談したり、話を聞いてもらったりしています。本当に二人がいてくれてよかったと思いますし、このような出会いがあって本当によかったと思います。


H.M:元々結構人見知りするタイプだったのですが、テクバンに入ってから少し改善した気がします。イベントも結構あって、BBQや忘年会などは他の部署の方々とも交流できました。社員数が多いこともあるけど、社内でいろんな職種の人と話すきっかけがあります。


営業の皆さんも同年代が多いので親しく話せますね。同じ職種の人以外とも出会うことで新しい発見があったりもします。


D.W1000人を超える会社ではありますが、風通しは良いですね。部内も色んなタイプの人がいるので、どんな人もなじめる組織なのかも。職人タイプの人もいれば、器用に何でもこなすタイプの人もいる。コミュニケーションを取るのがうまい方が多いとも感じますね。


A.S:ボードメンバーのコミュニケーションをとる為の飲み会もあります。ボードメンバーとはいえ、組織運営などに興味がある方は誰でも参加できる会です。そういった点も風通しが良く、チャンスが豊富にあるなと思います。

友達だけど、目標とする人でもある

D.W:今の現場は面接の時点で、私の経歴から合いそうなところがあると進められて参画しました。エンドユーザーから直接お取り引きしているところで、某教育システムの検証なのですが、大きな改修から、小さな改修までほぼ毎日リリースがある状況です。


H.M:私も次は初めてエンドユーザー直請けのプロジェクトに参画します。社内メンバーのリーダーは経験していましたが、これまでは上に指示してくれる人がいて、考えられた動きをまとめていたので、今後は、自分でマネジメントをしていく上で何をしないといけないかを一から考えて行動できたら良いなと思っています。今回、最初は一人で現場に入るのですが、自身で望んだプロジェクトなので、活躍してメンバーを増やし、マネジメントもできるようにしていきたいです。英語も使うようなので、ITスキル以外に英語も習得できるよう頑張ります!


A.S:僕も面接でお話しした今後のキャリアパスや経歴から今のプロジェクトに参画しています。PLの業務を任せてもらえているので、業務は引き続き頑張り、最近結婚したのでキャリアップも目指したいです!直近で目指すところは、まずは主任になることですね!こう思えるのは、D.Wさんが主任になったことも大きいです。


H.M:そうですね!中身は友達だけどそれぞれが目標でもあります。


D.W:私も追いつかれないように上を目指したいと思っています。2人の活躍も自分のことのように嬉しいけど、並んだらどんどん上に行きます!笑


A.S:なんだか素晴らしい関係ですね。


H.M:本当に転職してよかったと思えているので、転職を考えている皆さんはとりあえず面接受けてみて欲しいです!