SmartHR to kintone

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」と業務アプリ構築クラウドサービス「kintone」間で
従業員情報のデータ連携を行うツールです。

お問い合わせ
お問い合わせ お問い合わせ

SmartHR to kintoneとは

「SmartHR」とは株式会社SmartHRが提供するクラウド人事労務ソフトで、「kintone」とはサイボウズ株式会社が提供するWebデータベース型の業務アプリ構築クラウドサービスです。
「SmartHR to kintone」は「SmartHR」に登録されている従業員情報をリアルタイムに「kintone」へ連携させるシステムです。
グループ拡大や店舗増加などで入退社手続き頻度が多い企業の業務処理の効率化を実現できます。

特徴① 2重入力の削減や従業員マスタの更新の自動化

SmartHR側で従業員情報の入社手続き、マイナンバー、雇用契約手続きを管理し、kintone側で従業員情報を基にして、勤怠管理、安否確認、交通費申請を行う企業もあると思います。
その場合、従業員情報のマスタを2重で更新する必要があり、更新漏れなどの恐れがあります。
「SmartHR to kintone」ツールを導入することで、各製品間で従業員情報をリアルタイムに更新できるため、更新漏れの恐れがありません。

特徴② SmartHRカスタム項目の連携が可能

SmartHRでは従業員情報の項目に関して、基本情報(氏名情報、住所情報等)、企業独自のカスタム項目を持たせることができます。
「SmartHR to kintone」ツールでは、SmartHRの従業員の基本情報だけでなく、カスタム項目の連携に関しても対応可能です。
※今後、家族情報の連携についても対応予定。

ご導入までの流れ

テクバンではSmartHRとkintone関連で連携する項目をお客様の要望に合わせてカスタマイズいたします。SmartHRの従業員基本情報項目だけでなく、カスタム項目も連携可能です。
いくつかの質問事項にご回答いただくことで、素早く概算見積りをいたします。

  • 記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせはこちら

関連ソリューション&サービス