Salesforce Lightning Experience(LEX)移行サービス

Salesforceの新しいユーザインターフェース、
Lightning Experienceへの移行をご支援するサービスです。

お問い合わせ
お問い合わせ

Lightning Experience(LEX)とは

Lightning Experience(以下LEX)は、Salesforceの新しいUIです。現在SalesforceバージョンアップはLEXに標準を合わせて開発が行われており、アップデートを重ねるごとに新機能の追加や性能強化が図られています。
LEXはアプリケーション型のUI設計で、従来のページ遷移型UI設計と異なり、1つの画面で作業が完結できます。

LEX_01

LEX移行のメリット
①入力内容のルール化

LEXではパスの機能により、営業活動のフェーズごとに入力が必要な項目やガイドラインを設定することができます。Classicでは担当者ごとにバラバラになりがちだった入力項目や入力方法をSalesforce内でルール化することで、業務プロセスごとに適切な情報が漏れなく入力されるようになり、業務の効率化に繋がります。
またKPIとなる項目が確実に入力されるようになることで、正確な結果分析が可能です。

LEX_02

LEX移行のメリット
②1つの画面で作業が完結

先述の通り、LEXはアプリケーション型UI設計となっています。Classicでのページ遷移型UI設計では、営業情報を入力する際に別オブジェクトへの移動などを行うごとにページが分断されてしまう状況が発生します。
一方LEXのUIでは1画面上で作業を完結できるページ設計が可能です。別のページを参照するなどの手間を省き、操作がより快適化、生産性の向上にも繋がります。

LEX_03

LEX移行のメリット
③バージョンアップに自動的に対応

LEXは年3回のSalesforceバージョンアップに自動的に対応します。Salesforceはバージョンアップごとに新機能のリリースや機能改善が行われるため、すぐに最新の環境で業務を行うことができます。

LEX_04

LEX/Classicの切り替えは簡単!

LEXとClassicはユーザが簡単に切り替えることができます。そのため従来のClassicで行いたい作業はClassicへ切り替えて実施するといった併用が可能となっています。
またグループ単位やユーザ単位など、LEXの適用範囲は柔軟に選択することができます。移行が不安な場合でも、最初は部分的に適用するなどの移行計画を立てることにより、安心してご利用いただけます。

お問い合わせ・お申し込み受付中!

LEX移行はぜひ株式会社セールスフォース・ドットコム認定パートナー企業であるテクバンにお任せください。
お問い合わせ、お申し込みは下記のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。折り返し担当者からご案内いたします。

Salesforce導入支援サービスはこちら

  • 記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせはこちら

関連ソリューション&サービス