Cisco Cloudlock

クラウド利用の可視化と保護を実現します。

お問い合わせ
お問い合わせ

クラウドサービスを利用する際の情報セキュリティ対策

Cisco Cloud Lockは、クラウド上にあるデータの可視化と保護を実現します。
どのユーザーが、いつ、どのクラウドアプリケーションを利用し、どんなファイルやデータにアクセスしたかを把握することを可能にします。またポリシーに基づいたアクセスコントロールやアクセス履歴の保持、不審な動作の検知によってセキュリティリスクを回避することができます。

クラウド上にある機密情報の漏洩防止

Cisco Cloudlock のData Loss Prevention(DLP)機能により、クラウド上にある重要なデータをスキャンし、その内容を詳細に分析して機密情報の所在を自動的に検出することができます。
それにより、継続的に監視し機密情報の漏洩を防ぐことができます。
また、非常に多くの設定済みポリシーと高度な調整可能なカスタムポリシーを備えているため、高度なクラウドセキュリティを提供します。

世界最高水準の検知率を提供

Cisco Cloudlock のCloudlock CyberLabにより、世界最高水準の検知率を提供します。
イスラエルの脅威インテリジェンスと世界最大のCASBおよびクラウドセキュリティプラットフォームを結合し、
膨大な量の脅威情報の収集・調査・アセスメント活動を行います。

・クラウドサイバーセキュリティ研究
12億以上(1日のオブジェクト数)

・侵害調査
1,000万以上(1日のユーザ数)

・サイバーセキュリティアセスメント
16万以上(アプリケーション数)

今まで対応できなかったシャドーIT対策を実現

Cisco Cloudlock は、ネットワーク外から企業のクラウド環境へ接続するシャドーITアプリケーションを検出し、アクセスを制御できます。
次世代型FireWallとの連携し、FWログファイルの収集により、企業内ネットワークからの認可されていないクラウドアプリの利用も可視化することができます。それにより、データの漏洩、コンプライアンス違反のリスクを回避することができます。

  • 記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせはこちら

関連ソリューション&サービス