クラウドコンピューティングによる “BCP / DR対策”

クラウドコンピューティングによる “BCP / DR対策”

災害発生時に備えて、自社で管理・保管しているデータを安全かつ迅速にバックアップとリカバリーを行える環境をご提供いたします。
交通機関のトラブル等で平常業務に支障をきたした場合でも、業務継続をスムーズに行うためのサービスをご提供いたします。

障害や災害時には、迅速・確実にシステムをリカバリします

BCP(Business Continuity Plan)/DR(Disaster Recovery)対策は、もはや企業にとっての必須ミッションになっています。物理IT資産をできるだけ持たず、「必要なときに、必要なだけ」のITリソースを利用するクラウドコンピューティングを活用することで、不慮の事故に対して、貴重な自社リソースを失わず、適切に業務を継続することにつながります。

BCP / DR対策を「サービス」として利用する

AWSのサービス

IT資産の保護対策や災害発生時に備えた事前避難(バックアップ等)は「掛け捨ての保険」とよく似ています。事業規模の拡大・縮小やIT資産の見直しを契機に「必要なときに、必要なだけ」の対策を柔軟に行うためには、ソリューションを「サービス」と捉えて利用することで費用対効果を最大限に引き出すことが可能です。AWS (Amazon Web Services)を使った当社のソリューションサービスがそのお手伝いをいたします。

バックアップとリカバリーは「1 to 1」から「1 to N」へ

1 to Nとは

いざという時のために複数の場所や拠点にデータをバックアップするだけでなく、バックアップしたデータを複数の拠点や特定の拠点で利用できるようにリカバリーする「1 to N」を容易にするのがクラウドコンピューティングの利点の一つです。

「1 to N」は難しいものではありません。すぐに始められて、柔軟に構成を変更できる。そんなソリューションをAWS (Amazon Web Services)でご提案いたします。

クラウドコンピューティングで
ビジネスを「止めない」仕組みを

一時的な対策のためにデータセンターで仮想サーバを運用するのはコストが見合わない、といったケースは非常に多く見られます。

「必要なときに、必要なだけ」利用するクラウドコンピューティングで「いざという時でも、これだけはやっておかなければいけない」業務を確実に行うことができます。

AWSにおけるクラウドコンピューティングのしくみ

仮想デスクトップも「サービス」に組み込む

AWS (Amazon Web Services)ではWorkSpacesという仮想デスクトップ環境も利用できます。共通で使う業務アプリケーションやシステムはクラウド上で使用する環境にしておけば、通常の業務とは違うクライアントコンピュータからでも同じ業務が行えます。

AWSの仮想デスクトップ環境

準備と対策と管理のベタープラクティス

AWS (Amazon Web Services)はBCP / DR対策に非常に有効なソリューションであると同時に、小規模な事業でも利用しやすい「使い勝手」と「可能性」が魅力です。

AWSの使い勝手と可能性

※記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。

サービスのPDFファイルをご希望の方はこちらにメールアドレスを入力の上送信ボタンをクリックしてください。

Eloquaブログ
   
        
    
ページトップ