TOP > テクバンの仕事・社員 > 安積伸弥

リーマンショック後の業務縮小で、転職を決意

 

以前はアプリケーションの開発会社に在籍し、インフラをメインに担当していました。
しかし、リーマンショックの影響で業務縮小を余儀なくされ、インフラ部門が廃止されることに。
私としては基盤の部分をしっかりやりたい、という希望を持っていたのですが、会社の方針なら仕方のないこと。止むを得ず転職することにしました。
テクバンを知ったのは、転職活動をすることになってからですが、面接を数回するうちに、会社の風土にすっかり惚れ込んでしまって……。長い時間働く会社ですから、社内の雰囲気は仕事内容と同じくらい重要。テクバンは自分の指針にマッチしている会社でした。

入社直後から、やりたかった「基盤」に携わる

 

前職でインフラ系を経験していたとはいえ、技術的な面で多少の不安はありましたが、自分の希望を吸い上げてくれた会社のおかげで、入社直後から充実した仕事ができています。現在は、運用監視ツールの設計、構築案件をチーム5人で担当。名前だけしか聞いたことのなかったシステムに直接触れることができるのは、うれしいですね。つねづね、「基盤が大事」と思ってきたので、今はやりたいことができる満足感でいっぱいです。
営業に力を入れていることも、働きやすい理由の一つ。エンジニアが営業を兼ねている会社も多いのですが、営業の専門部隊がいると、よりスピーディな対応ができます。

みんなが先生という環境が、テクバン成長のカギ

 

インフラの技術は、凄まじいスピードでレベルアップしていくもの。その進歩をできるだけ間近で見て、故障に強い「基盤」を作り続けたい。それが私の目標です。個人レベルで情報を収集するのは、なかなか難しいものですが、この会社には得意分野を持った社員がたくさんいて、情報を共有できるオープンな雰囲気があります。
自分が経験していないジャンルでも必ず誰かが携わっていて、必要であればすぐに連絡を取ることができる。そんな風通しの良さが、テクバンの魅力でしょう。年齢的には中堅の域なので、今後は若手社員の育成にも力を注ぎ、刺激し合える仲間を増やしていきたいです。

  • 内定お祝い進呈中!エントリーはこちら