TOP > テクバンの仕事・社員 > 奥村淳子

この会社で今までと違うスキルを身につけたい

 

もともとは、B to Cの小規模なシステム開発に携わっていましたが、キャリアアップを考えたとき、設計の技術やスケジュール管理などの知識を得るためには、大規模なシステム開発の経験が必要でした。テクバンを転職先として選んだ理由の一つは、業務系のシステム開発実績があったことです。未経験の分野でもやらせてもらえるのか?不安はありましたが、面接の際に強く感じたのは、テクバンは社員の望みを聞き、最大限に考慮してくれる、ということ。今までと違うスキルを身につけたい。そう考えていた私にぴったりの会社でした。

新分野に取り組めることが、モチベーションアップに

 

テクバン入社後は、金融や流通などの様々な案件を経験。多くは上流工程(要件定義、基本設計)から参画しています。現在は、証券系のプロジェクトがメイン。でき上がったシステムを検証する最終段階にきており、私は証券会社側に立って、要望通りにできているかを確認しています。
基本的に常駐しているので、会社に顔を出す機会は多くありませんが、社内には、新しいことに取り組もうとする雰囲気が溢れていますね。一つのプロジェクトが終わった際には、次のプロジェクトの希望を伝えることができ、融通をきかせてくれます。経験のない分野にもチャレンジすることができるので、モチベーションアップにつながります。

顧客満足度の高いシステム構築を実現させたい

 

6年間、この会社で仕事を続けていくなかで、「すごく便利になった」、「確かにそれ、使いやすいよね」といった反応をいただくようになりました。自分の提案を受け入れて喜んでもらえることに、やりがいを感じています。ユーザーサイドに立ち、最適なシステムを構築することがこれからの目標。単にプログラミングするだけでなく、お客様と一緒になって最善策を考えていきたいと思っています。個人の目標や希望をつぶさに聞き、実現させる場所を用意してくれるのが、テクバンの良さ。社員一人一人がステップアップできる環境に、満足しています。

  • 内定お祝い進呈中!エントリーはこちら