TOP > テクバンの仕事・社員 > 黒﨑祐樹

エンジニアになる夢を実現するために転職

 

前職では、ソフトウエアの開発会社で、仮想サーバやアプリケーションの構築などを担当していました。
プログラマーとして経験を積み、やりがいを感じていたのですが、学生時代からの私の夢は、幅広い知識を持ったエンジニアになること。自らのキャリアプランを思い描いたときに、ソフトウエアのプログラミングに留まらず、ネットワークやサーバといったインフラに関する知識も習得したい。さらにシステム構築の、提案から運用までを一括して行えるスキルを身につけたい、という強い思いがあったので、転職を決意。事業領域が広く、数多くのベンダーと信頼関係を築いているテクバンに魅力を感じ、入社しました。

希望通りの仕事ができ、スキルアップを実感する毎日

 

現在は、インフラ部門の自社内案件を扱う第3システムインテグレーション部に所属。プロジェクトチームの一員として、インフラの設計から運用までを担当しています。
具体的には学校や病院の既存システムの拡張です。入社してまだ数ヶ月しかたっていませんが、充実度は100%。すでに自分が希望していた、システムインテグレーションの上流工程(要件定義、基本設計)に携わることができ、日々、自分がスキルアップしていることを実感しています。
積極的に意見を上げれば、すぐに吸い上げてくれる環境は、若い自分にとって非常に刺激になりますね。

大きな目標に向かう自分を応援してくれる会社

 

自分の役割は、お客様の依頼に対して最適なソリューションを提案すること。プログラマー出身という強みを生かし、ソフトウエアのしくみを知っているからこそできる、ハードウエアやインフラの提供、を目指していきたいです。身につけるべき知識や技術は、まだまだたくさんあるので、プロジェクトの場数を踏み、経験を積みたいと思います。そしてゆくゆくは……、顧客の視点に立ち、システム構築の全体的な設計を行うアーキテクトになるのが目標。「キャリアアップしたい」、「このプロジェクトに参加したい」など、前向きな気持ちを後押ししてくれる会社の姿勢が、仕事の原動力になっています。

  • 内定お祝い進呈中!エントリーはこちら